アメリカの先生方が薦める英語教材 My Best English

商品紹介
受賞暦&紹介記事
購入方法
クルー紹介
ユーザの声

 

アメリカ子育て連々記v

From Mom

第10回:初めての里帰り

長男の妊娠はアクシデントのようなものでしたが、英治さんも私も兄弟姉妹に恵まれ て育ったので、一心を1人っ子にするつもりは更々ありませんでした。小さなパパ・ ママ会社で一蓮托生の共稼ぎ生活を送っていた私達に浮かんだ妙案は、どうせ大変な ら一日でも早く2人目を作って一緒に育ててしまおう…という今思えばまたまた無謀 な考えでした。そう決めたら、あっという間に第2子妊娠!私達の思惑どおり (?)、一心に1年3ヶ月違いの弟か妹が出来る予定となりました。

思えば、2年半前に何の伝も無いアメリカで会社を設立して以来自転車操業が続いて いて、その上一心が生まれてからは更に余裕の無い毎日でした。そんな中でもう1人 赤ちゃんが増えたら、それこそ身動きが取れなくなるだろうと思い、今のうちに日本 のおじいちゃん、おばあちゃん、おおばあちゃん達に一心を一目見せようと、一家で 初の里帰りをすることにしました。一心が生後10ヵ月、私は妊娠5ヶ月でした。

私達の実家は関西なので、大阪行きの直行便を選べば良かったのですが、当時ロス・ 成田間に就航したばかりの航空会社があって、食事が美味しく、サービスが良く、そ して英治さん向きにステュワーデスさんが美人揃いというもっぱらの評判だったの で、乗り継ぎがあるにも関わらずそちらの便を選んでしまいました。(この後、私達 が乳幼児連れで乗り継ぎ便に乗った記憶はありません。)飛行機の中では、赤ちゃん を入れるバシネット(座席の前に取り付けられる籠)を頼んでおいたのですが、いざ 使ってみると籠に入るのは一心の頭と胴体だけで、両腕は何とか脇に押し込むか身体 の上に置いても、両足は籠からはみ出てぶら下がり何とも滑稽な有様でした。後から 聞いたのですが、バシネットにちゃんと収まるのは生後6ヶ月くらいまでだったので すね。

当時(1988年)日本製の紙おむつは3~4種類ありましたが、まだまだ開発途上に あり、分厚くてゴワゴワのパンパースもそれなりに健闘していました。今や品質面で は日本製がダントツだと思います。市販の離乳食は発売開始されて間もない頃で、ア メリカ製の瓶詰めのものが並ぶ棚の隅に日本製のフリーズ・ドライ方式のものが数種 類置いてあるという感じでしたが、どれも目を見張るようなお値段でした。ただ離乳 食を作るための、手回しハンドルで簡単に食べ物をつぶすことが出来る器具や、すり 鉢状になった取手付きの御椀などはとても良く出来ていて、やはり日本では手間暇か けて離乳食を手作りしているのだなぁ…と感心したものです。また日本のベビー服の デザインと着心地の良さは一級品で、中でもロンパースの使いやすさは世界一だと思 います。ただ乾燥機に入れると10~20%も縮んでしまうのが玉にキズです。そし て何にも増して素晴らしかったのは、軽くて機能的なストローラー(ベビーカー)で した。私も一台買って持ち帰りましたが、子育て中のアメリカ人の賞賛の的となり、 「何処で買ったの?」「不要になったら売って欲しい!」という質問やリクエストが 相次ぎました。それから数年後に、日本のストローラーがアメリカ進出を果たし、ア メリカのメーカーも追随して同様の製品を作り出したので、アメリカでも日本式のス トローラーが主流になりました。

第8回の連々記にも書きましたが、内科・小児科医である私の父に一心の太り過ぎを 指摘されたのも、この里帰りの時でした。確かに妊娠5ヶ月の身に、一心の重さはか なりこたえました。特に公共交通手段を使って赤ちゃん連れの移動をするのは、親2 人がかりでもかなり大儀でした。まだ宅急便が生活の一部になっていなかったので、 荷物を送るという発想はなく、ベビーカーがいかに優れ物であっても、やはり大きな 荷物である事に変わりはないのです。またベビーカーを押してみて、日本には至る所 に段差があるという事に初めて気がつきました。これは家の中も然りで、一心を抱い たまま玄関口の敷居に躓いて転びかける…というゾッとする出来事もありました。

ジジババ孝行という名目の里帰りで、イロイロと無理もしましたが、次回の帰国は更 に3年後まで実現しなかったので、やはり思い立ったが吉日でした。子連れの里帰り はその都度大変でしたが、おかげで、子供達は今でも日本が大好きです。

(2004/12/5)

前回へ | インデックスへ | 次回へ

会社情報著作権について個人情報の管理についてお問い合わせアメリカ子育て連々記
Copyright © Image Factory, Inc. My Best English is a registered trademark of Image Factory, Inc. All rights reserved.