アメリカの先生方が薦める英語教材 My Best English

商品紹介
受賞暦&紹介記事
購入方法
クルー紹介
ユーザの声

 

製品紹介

体の中に英語のサウンドを作りましょう!

英語のシャワーを浴びるという表現がありますが、My Best English(以下MBE)は例えて言うなら英語のお風呂です。体の芯まで英語のサウンドがジワーと届くというのがねらいです。 会話部分も役に立つと思いますが、ゆっくりお湯に浸かるように、クラシックの音楽を聴きながらリラックスしてアルファベットA~Zまでの基本サウンドとそのサウンドで始まる言葉を聞き、同じように声に出して発音することで体の中に英語のサウンドを作る効果があります。

英語を使う場合、実践的に使える英語というのは通じる英語ということです。 例えば、MILKという言葉は日本人に発音しにくい言葉です。 ちょっと意外に思われるかもしれませんが、カタカナ読みのミルクではほとんど通じません。 MBEの効果はMとIとLとKのひとつひとつのサウンドを体でしっかり覚え、また逆にそのサウンドを文字に当てはめていけばMILKという言葉を通じる英語で発音できるようになるということです。

カタカナ的な発音で相手に何度も聞き返されると、コミュニケーションが面倒になって何事においても妥協しがちになり、人間的にも萎縮してしまいます。

MBEは子供たちが通じる英語を身に付けていくための第一歩として、アルファベットA~Zの基本サウンドを紹介しています。英語圏でも幼児の頃に時間をかけてこのサウンドを体で覚えていく練習を積んでいきます。

残念ながら1回や2回の練習で体の中に英語のサウンドを作ることはできません。 ピアノ演奏やスポーツを身に付ける過程を考えてみれば、お分かり頂けると思います。 基本を何度も何度も繰り返し練習して体に覚えこませることで、鍵盤を見なくても勝手に指が動くようになりますし、スポーツの試合でも自然と体が反応して良いプレーが出来るようになるのと同じです。

言葉も体から出てくるものですから、英語の基本サウンドを体が覚えれば、英語を喋る時はいつも自然と通じる英語の発音になります。

楽譜をみて鍵盤を叩くとその音が出るように、アルファベットの文字を見てサウンドを当てはめれば、たくさんの単語を発音できるようになり、それはフレーズ、そして文章にも当てはめていけるのです。(もちろん時には例外的な使い方をする場合もありますが・・・。) そして、柔軟性があり吸収も早い子供の頃に体で覚えたことは一生忘れるものではありません!

またやる気があれば、いつ始めても遅すぎるという事はなく、MBEは通じる英語を身に付けたいと思っておられる、大人の方にも得るものがあると思います。

前へ | 製品紹介へ戻る | 次へ

会社情報著作権について個人情報の管理についてお問い合わせアメリカ子育て連々記
Copyright © Image Factory, Inc. My Best English is a registered trademark of Image Factory, Inc. All rights reserved.